評価証明書と登記簿で面積が異なる場合

1、「登記上の床面積<評価上の床面積」
評価証明書記載通りの評価額を課税標準金額にして、登録免許税を計算してOK。特にマンションなど、共用部分があったりしてこのようになっていることは多い。

2、「評価上の床面積<登記上の床面積」
・両者の差が大きい場合、基本的には評価額÷評価上の床面積で1㎡当たりの単価を算出し、それに登記上の床面積を掛けて課税標準金額を算出する。

・増築によって両者の数値が乖離している場合は、評価額+増加分の床面積×新築建物等価格認定基準表の該当額(経年補正)で算出する。

・両者の差がわずかの場合(3㎡程度)であれば、誤差ということで評価額のままで計算してOK。ただし、法務局と要相談。