相続の流れ

  1. 相続開始

    相続人ごとに、被相続人が亡くなったと知った日

  2. 遺言書の有無の確認

    遺言書が有るかどうか不明な場合は、遺言書の検索(公正証書の場合)が可能。なお、自筆証書遺言が見つかった場合は、家庭裁判所での遺言書の検認手続きが必要。それに伴い、相続人および相続財産の確定


    ※期限のあるもの 相続放棄・限定承認 3ヵ月以内

  3. 相続財産の評価

    遺産分割協議書の作成


    ※期限のあるもの 被相続人の準確定申告 4カ月以内

  4. 名義変更手続き

    不動産の名義変更、預貯金口座の凍結解除・解約・変更、株式等の名義変更、死亡保険金の支払い請求etc.


    ※期限のあるもの 相続税の申告・納税 10ヵ月以内

  5. 遺留分減殺請求 ※必要があれば


    ※期限のあるもの 減殺請求手続き 1年以内

※なお、相続放棄と限定承認についての詳細は、以下をご確認ください。

当事務所の相続手続き その1 ~相続登記だけをご希望の方~

相続の手続きを頼みたいけれど、不安なのは費用がいくらかかるのか、ということ。

そこで、当事務所ではできるだけ分かりやすく、あらかじめ費用の予測を立てやすいパック料金をご用意しております。また、それぞれのケースに応じたオーダーメイドも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

不動産(土地、建物)の相続登記のみをご要望される場合は、以下のパックを用意しております。こちらに含まれるのは
・相続人調査および相続関係説明図作成
・遺産分割協議書作成
・所有権移転登記申請
となります。
それぞれ別個でお申込みされると、当事務所の報酬基準で9万5000円となるところ、報酬額8万円とお得な料金設定となっております。
いただくのは、8万円の報酬と実費のみとなります。

相続登記コースをご依頼いただける条件

この相続登記コースは、以下の条件に当てはまる場合は8万円となり、それ以外の場合は追加報酬が発生します。
・不動産(土地・建物)の数が3個以内
・亡くなられた方が1名
・相続人が5名以内
・不動産がすべて同一管轄(法務局の管轄です。同一市町村なら問題ありません)

追加報酬が発生する場合

・不動産が4個以上である場合:1個につき2500円
・亡くなられた方が2名以上(以前の相続登記を行っていない場合など):3万円~
・相続人が6名以上:1名につき2500円
・不動産に他管轄の物件がある場合:1管轄につき4万円
※その他、高額な不動産が対象(固定資産税が5000万円以上)となる場合は別途相談させてください

当事務所の相続手続き その2 ~相続手続きをまとめてやって欲しい方~

相続が発生した場合、上記のスケジュール(亡くなった直後に行う死亡届などは除きます)にしたがって、数多くの手続きを行う必要があります。各手続きに必要な書類も多岐にわたるため、相続人の方々には大きな負担が生じます。
そこで、当事務所ではこれらの手続き、書類の取得をすべて代行いたします(一部提携士業へ委託)。もちろん、逆に「自分の手で手続きを行うので、必要な部分だけサポートしてほしい」という要望にもお応えいたしますので、お見積り等お気軽にご相談ください。

フルサポートコースを利用するメリット

1、信託銀行等へ依頼するよりも安価:信託銀行等へ依頼する場合でも、最終的な登記などの手続きは司法書士が行うことになります。当フルサポートコースには余計な手数料を含まないため、安価にご提供可能です。
2、窓口がひとつ:司法書士が窓口として、すべてのお手続きを行います。

フルサポートコースの価格

報酬
25万円(相続財産価額が500万円未満の場合)
19万円+相続財産価額の1.2%(相続財産価額が500万円~5000万円未満の場合)
29万円+相続財産価額の1.0%(相続財産価額が5000万円~1億円未満の場合)
59万円+相続財産価額の0.7%(相続財産価額が1億円~3億円未満の場合)
149万円+相続財産価額の0.4%(相続財産価額が3億円以上の場合)

※ただし、相続人が5名を超える場合には、最大で相続財産価額の0.1%を加算
※税理士に税務申告を依頼した場合、別途費用が掛かります

実費について

戸籍・住民票など:戸籍謄本 450円、除籍謄本 750円、改製原戸籍 750円、住民票 300円、戸籍の附票 300円
不動産の名義変更(相続登記) :固定資産評価額×0.4%
その他、自筆証書遺言の検認など